リフレクソロジーを役立てられるように講習していきます-ryumo様へ

ご家族にリフレクソロジーをしてあげたいという目標もあり、着実に技術が身に付いてきています。毎回真剣に取り組んでいて、復習もしっかりしてくるので成果が出ています。

新しいことを身に付けること、特に人の体への対応を習得することは、不安があって当たり前です。また特にリフレクソロジーや整体・マッサージの施術は、自分のしていることが良かったのかどうなのか分かりにくいことがありますので、なおさらだと思います。

しかし、その分やればやるほど理屈ではない感覚や直感が養われてきて、ときどきにでも気に入ってくれる人が出てきたりすると、不安がありながらも、やって良かったと感じたり面白いことも増えてくると思います。

最初は、ご家族の施術から始めても、少しずつ他の人にも施術して、だんだんと慣れていってください。うまくいかないこともありますが、感覚が少しずつ育ってきて、日常生活や他の仕事でも感覚や勘(かん)が働くようになってきます。

受講中はフルルーティーン(全施術手順)の確実な習得を目指していますが、修了してからは必ずしもフルルーティーンを行わなくても大丈夫です。

フルルーティーンはもちろん大事ですが、その時々の状況に応じて、できる範囲で短縮して施術したり、手技のやり方や強さ手順なども自分なりに工夫やアレンジをしても構いません。効果が感じられ、相手が少しでも満足してくれて、自分もやり易いことが大切です。

多くの方に練習をするのは難しいと思いますが、同じ方にお願いする場合は、その時々による自分の施術の感触と相手の反応や感想などの違いや、施術を続けているうちに相手の様子や雰囲気などの変化を感じながら施術してみてください。

自分の施術が相手の役に立っていると感じられると、やりがいが出てきますし、自分の技術や知識も実地で磨かれていきます。

施術時のイスの高さや相手や自分の体勢などは、相手が受けやすく自分が施術をしやすいように工夫してください。パウダーは、自分の手のひらや相手の足裏などが湿っていて施術しにくいときなどに使います。

リフレクソロジーは足裏への刺激が主ですが、全身の臓器がつながっていて、お互いに連携・連絡し合っているので、体の末端の足裏からの刺激は、皮膚・筋肉・骨・(自律)神経・血行・リンパなどを経由して、他の器官・臓器などに働きかけ、心身の安定や自然治癒力の回復に効果が期待できます。

リフレクソロジーは安全でリラックスして受けられるので、ほとんどどんな人にも施術できます。いろいろな人に声をかけて、練習させていただいて、様々な感想や反応を確かめて、実際の感触を含めた技術と、現場での施術の感覚を養っていってください。

これからの生活や他の仕事にも、知らないうちにでも役に立っていくと思います。

静岡県富士市 なかつかヒーリングスクール 中司まゆみ・和正